銀行系のクレジットカードについて 銀行系カードはステータスが高く安心。

銀行系のクレジットカードとは?

銀行系クレジットカードというのは三井住友VISAカードや三菱東京UFJ-VISAカードのように、大手銀行や地方銀行、ネット銀行などが発行しているクレジットカードです。

銀行のキャッシュカードと一体化しているクレジットカードも多くなっています。1枚でキャッシュカードとクレジットカードを兼ねるため、お財布がすっきりして気持ちがうれしくなります。

また、最近の銀行系クレジットカードは、銀行系のメリットを利用して、様々な特典が用意されています。

銀行系クレジットカードの特典

最近の銀行系クレジットカードでは、住宅ローンの金利が優遇されたり、ATMの利用手数料が無料になったりと言ったサービスがついてくることが多くなりました。

ちょっとした点ですが、持っていなければ受けられない特典なので、自分が利用する銀行が発行しているクレジットカードは1枚くらいは持つようにした方がいいでしょう。

銀行系クレジットカードの割引

さらに、それぞれの銀行が取引をしている会社などと提携をし、クレジットカードを使うと特別に割引を受けられるというサービスが増えています。三井住友VISAカードなどは毎月「お得なキャンペーン」と銘打って割引対象を告知してくれます。

このような割引キャンペーンを利用すると5%〜10%ほどの割引が出来ることもあるので、クレジットカード単体の割引率だけでなく、このようなキャンペーンを利用した場合の割引率なども良く比較してみてください。

銀行系クレジットカードは作るべき?

銀行系クレジットカードは自分が利用する銀行と直結しているため、様々な面で便利です。しかし、機能面では、流通系のクレジットカードよりは見劣りする場合が多いです。

銀行系クレジットカードの割引率や特典なども平凡な場合が多く、それほどお得感はないかもしれません。しかし、使い方によっては流通系クレジットカードよりも割引が大きくなる場合もあり、またやはり銀行系というステータスや安心感もあります。

ステータスや安心感が欲しいかたは、ぜひ1枚、作ってみることをおすすめします。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
このWEBサイト上の文章、映像、写真等の著作物をクレジットカードの系統の許可なく使用することを禁じます
Since 2007.7.21. Copyright(C)2007 クレジットカードの系統  - All rights reserved