クレジットカードの系統について 銀行系などの系統について解説。

クレジットカードには様々な系統がある

クレジットカードには主に5つの系統に分類されます。銀行系、信販系、流通系、メーカー系、消費者金融系です。

クレジットカードはその系統によって、審査の難しさやサービスの質が大きく変わってきます。そのため、系統ごとに、受けられるサービスや審査の基準、ポイントシステムなどが変わってくるのです。

例えば、イオンカードやOMCカードなどの流通系クレジットカードは、主婦を取り込むために主婦に対しての審査が柔軟だったり、割引サービスが充実していたりという特徴を持っています。銀行系クレジットカードはステータスがたかく、審査が厳しいという特徴があります。

銀行系と信販系

銀行系のクレジットカードは、銀行本体または子会社などのクレジットカード会社が発行するクレジットカードのことです。

三井住友VISAカードや、みずほ銀行のUCカード、三菱東京UFJ銀行の三菱東京UFJ-VISAなどがあります。

信販系のクレジットカードは、信販会社が発行しているクレジットカードのことです。信販というのはショッピングクレジット(個別割賦)などと言われ、高額商品を購入する際などの分割払いのことです。

流通系とメーカー系

流通系のクレジットカードとは、デパートやスーパーマーケット、コンビニなどの小売店、またはそのグループ企業が発行しているクレジットカードのことです。割引サービスなどが充実しているため、クレジットカードで節約をしようとしたら、まず持っておきたいクレジットカードになります。

メーカー系のクレジットカードは、家電や電機、自動車などのメーカーが発行しているクレジットカードです。

全日本空輸のANAカード、日本航空のJALカード、ソニーのSony Card、トヨタ自動車のTS3カードなどがあります。

消費者金融系クレジットカード

消費者金融系のクレジットカードは、消費者金融会社が発行しているクレジットカードです。アコムやプロミスがMasterやJCBブランドのクレジットカードを発行しています。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
このWEBサイト上の文章、映像、写真等の著作物をクレジットカードの系統の許可なく使用することを禁じます
Since 2007.7.21. Copyright(C)2007 クレジットカードの系統  - All rights reserved